第7回【写真】「デジタル以上」の解像度 フィルム前、ガラス乾板の世界観

有料会員記事

[PR]

 フィルムが登場する前、写真撮影には「ガラス乾板」が使われた。

 透明なガラス板に感光するための写真乳剤を塗ったもので、その解像度は「デジタル以上」といわれる。

 朝日新聞社でも、20世紀初頭から1930年代にかけて、ガラス乾板を多く用いていた。

 豊かな描写力によって、京都…

この記事は有料会員記事です。残り222文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載朝日新聞写真館(全50回)

この連載の一覧を見る