鬼退治でなく結婚相手探し? 桃太郎調べた中学生がたどり着いた答え

有料会員記事

荻野好弘
[PR]

 自宅にある桃太郎の絵本の1冊を読んでいるうちに、疑問がわいた。桃太郎が鬼ケ島に行って鬼を退治するのは同じ。その先の展開が聞き覚えのある話とは違っていた。

 桃太郎は鬼に「たからものはいらん。おひめさまをかえせ」と言い、宝物ではなく、女性を舟に乗せて家へと帰っていた。

 なぜ、そんなストーリーがあるのか。中学3年の倉持よつばさん(15)=千葉県袖ケ浦市=は2年前、調べ学習のテーマをそう設定し、1~2年時に地元の図書館などを利用し、全国各地に伝わる桃太郎ばなしを調べた。

 各地の昔話集や郷土資料などで114話にあたった。多くは鬼ケ島で鬼を退治して宝物を持ち帰るという筋書きだったが、お姫様や娘が登場する昔話が東北地方で3話見つかった。

 このうち2話は、鬼を征伐し…

この記事は有料会員記事です。残り1434文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら