腕の中の息子へ「あなたのおかげ」 産後353日の私が挑む世界戦

[PR]

 まさかのタイミングで電話がかかってきた。

 初めての出産から4カ月。授乳もあり、常に寝不足。ほとんど運動していなかった。

 電話の声は、所属する京都市内のジムの会長だった。

 「世界戦の話が来たんやけど……」

スポーツPlus

スポーツPlusはオリジナル記事を有料会員の方にメールで先行配信するニュースレターです。今回は5月17日配信分をWEB版でお届けします。

 37歳の女子プロボクサー、小沢瑶生(たまお)が長く待ち焦がれた世界タイトルマッチ。そのチャンスが舞い込んだのは、昨年10月のことだった。

 その年の6月12日に生まれたばかりの長男・緯泉(いずみ)君を抱いていた。

 1カ月悩み、もう一度、会長に連絡した。

 世界戦の話はまだ生きていた。

 「じゃあ、どうしたらやれるのか、考えよう」

 昨年末。国内ではまず前例のない「出産から1年未満での世界挑戦」へ走り出した瞬間だった。

 最初は「家を空けられるのは2時間だけ」だった。

 ジムで着替える時間さえ惜しい。家からジムへの約3キロを走り、そのままシャドーボクシングなどをこなした後、また走って帰った。練習の前後に授乳した。

 世界王者は、夫婦の夢でもあ…

この記事は有料会員記事です。残り1151文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

スポーツPlus

スポーツPlus

競技に生きる、そこに生きた、それを支えた人たちの、勝ち負けだけじゃない物語を描きます。ニュースレター「スポーツPlus」は、有料会員の方に毎週お届けします。[記事一覧へ]