静岡県と和歌山県が法人「南陵学園」を調査へ 「実情把握する必要」

有料会員記事

国方萌乃
[PR]

 給料の未払いなどを理由に教職員のストライキがあった私立和歌山南陵高校(和歌山県日高川町)について、運営する学校法人「南陵学園」(静岡県菊川市)がある静岡県が、和歌山県と共に法人の経営状況を調査することを決めた。

 和歌山南陵高校をめぐっては、4月28日に支払われる予定だった教職員23人の1カ月分の給料が今月13日時点で支払われていないという。また、昨年度、生徒の学費を支援する「就学支援金」が国から支給されているのに、保護者への返金が遅れていたこともわかっている。和歌山県によると、すでに全額返金されているという。

 これらの経緯の説明を求め続けていた教職員側は、法人側から説明がないため、11日に授業をとりやめ、ストライキをした。授業は12日から再開している。

 こうした状況を受け、両県は…

この記事は有料会員記事です。残り294文字有料会員になると続きをお読みいただけます。