「乗船された皆さんは知床が大好き」 斜里町長が吐露した思い

有料記事

石垣明真
[PR]

 北海道斜里町知床半島沖で観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が沈没した事故を受け、13日に開会した町議会で馬場隆町長や議員らが約1分間黙禱(もくとう)し、犠牲者を悼んだ。金盛典夫議長は「事故にあわれました皆様に対し、心よりお見舞い申し上げる」と述べた。

 馬場町長は議会の冒頭、乗船者の家族から聞いた話として「乗船された皆さんは知床が大好きで、何度も来られている。家族の楽しみの地やプロポーズの地として知床を選んで頂いた」と説明。「このような事態にいたったことは断腸の思い」と話した。

 町は事故発生後、町役場ウト…

この記事は有料記事です。残り423文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。