ムール貝が東大准教授らに授けたヒント 水の中でも超強力な接着剤に

有料会員記事

桜井林太郎
[PR]

 水の中でも超強力な接着剤を、東京大の江島広貴・准教授(マテリアル工学)らが開発し、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。波にさらわれないように磯場の岩石にくっつくムラサキイガイ(ムール貝)から着想をえた「バイオミメティクス」だ。すでに特許を出願、傷口をふさぐ外科手術用の接着剤などへの実用化をめざしている。

 接着剤は私たちの生活に欠かせない。古代メソポタミア文明では、れんがの建造物などに天然のアスファルトがすでに使われていた。現代社会の接着剤は工場でつくられる合成高分子だが、空気中では強くても水中では一気に接着力が弱まる。ものの表面は一般的に水になじみやすいものが多く、水中だと接着剤がくっつけたい物質の表面に届きにくい。「ぬれた素肌にばんそうこうをうまくはれないのと同じです」と江島さん。

 だが、それをいとも簡単にや…

この記事は有料会員記事です。残り503文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら