民放キー局5社、広告収入増で好調 増収増益に

有料記事

中島嘉克
[PR]

 在京民放5社の2022年3月期決算が13日、出そろった。昨夏の東京五輪パラリンピックの開催などでテレビCMが好調に推移。コロナ禍による広告減で5社とも減収減益だった前年から一転し、いずれも増収増益となった。

 フジ・メディア・ホールディングス(HD)は希望退職の募集に伴い約90億円の特別損失を計上したが、傘下のフジテレビやサンケイビルなどが好調で純利益は前年比約2・4倍の増加。テレビ東京HDは独自コンテンツの配信が好調で、配信ビジネスの売上高は同44・6%増だった。TBSHDも配信による収入を含めたコンテンツ収入が同32・2%増となった。

 一方、23年3月期はフジ・…

この記事は有料記事です。残り86文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!