沖縄復帰50年「どう思いますか?」 LINEからも聞いてみた

[PR]

 沖縄復帰50年をどう思う? もっと知りたいニュースは? SNSで読者の投稿を募って記事をつくる企画「#ニュース4U(For you)」では、LINE公式アカウントに登録している友だちに質問。回答を寄せた60人余のなかから、2人に追加の取材をして声を聞いた。

沖縄の基地、受け入れたい私の町で

 千葉県の会社員女性(63)

 大学を卒業して会社員となった1981年、新人研修先として配属された那覇市で3カ月暮らした。初めての沖縄だった。当時、支店長の車が左ハンドルだった。道路が左側通行へ変わったのは3年前で、まだ街中には「○月○日から左側通行!」と書かれた少し古ぼけたポスターが貼られたままだった。

 沖縄のことが知りたくて、休日にいろいろな場所へ足を運んだが、戦争や基地のことは隠していたいように見えた。沖縄の振興に「暗い歴史」は不都合で、明るい観光地を演出したかったのかもしれない。でも本当は、「それでも知ってほしい」という気持ちだったはずだ。

沖縄 復帰50年に考える

LINEで聞いてみた、あなたにとっての沖縄。後半では、「沖縄の基地をどうしたらいい?」という疑問に向き合います。

 その後、結婚して子どもがで…

この記事は有料会員記事です。残り541文字有料会員になると続きをお読みいただけます。