TDR、1回2千円の時間予約サービス開始 ファストパスは再開せず

佐々木健
[PR]

 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、アトラクションを時間指定で予約できる有料サービスを19日から始める。二つのアトラクションについて1回2千円でスマートフォンのアプリなどを使って購入、予約できる。現在休止中の優先サービス「ファストパス」は再開しないまま、事実上廃止される可能性がある。ファストパスは無料だったが、時間指定の予約はできなかった。

 13日に新サービス「ディズニー・プレミアアクセス」を発表した。人気の高いアトラクションが対象だ。東京ディズニーランドでは「美女と野獣“魔法のものがたり”」、東京ディズニーシーでは「ソアリン:ファンタスティック・フライト」で利用できる。

 利用者は5分ごとに予約時間を設定できる。予約後はスマホの画面をかざして優先入り口から入場する。同社は新サービスで体験したいものが確実に利用できるとし、「計画的に楽しめるようになり時間の余裕も生まれる」としている。

 東京ディズニーリゾートでは、1日当たりの入園者数の上限をコロナ禍前よりも引き下げる計画だ。(佐々木健)