三井住友FG社長が謝罪「重く受け止めている」 日興の相場操縦事件

有料会員記事

細見るい
[PR]

 SMBC日興証券の副社長らが逮捕、起訴された相場操縦事件について、親会社の三井住友フィナンシャルグループ(FG)の太田純社長は13日、「多大なるご心配とご迷惑をおかけしていることを深くおわび申し上げます」と謝罪した。今後、再発防止策の策定に関わっていくことも明らかにした。

 太田氏が事件について、公の場で言及するのは初めて。この日あった決算会見で、「証券会社という立場にありながら市場の信頼を損ねる事態を引き起こしたということについて、我々も非常に重く受け止めている」と話した。事件をめぐっては、親会社であるFGの監督責任を問う声もあり、「FGとして過去に何をすべきだったか、今後何をすべきかしっかりと検証したうえで対策を立案し、実行していきたい」と述べ、FGの立場で事件を検証し、再発防止に取り組むとした。

 SMBC日興は、大株主から…

この記事は有料会員記事です。残り199文字有料会員になると続きをお読みいただけます。