関西の私鉄4社、黒字に転換 コロナ禍から回復 22年3月期

有料会員記事

松岡大将
[PR]

 関西の鉄道大手5社の2022年3月期決算が13日、出そろった。コロナ禍で減った利用者数の回復で4社は純損益が黒字転換した一方、JR西日本は主力の新幹線の客足が伸び悩み2年連続の赤字に沈んだ。各社とも今後は観光やビジネスでの需要回復を見込むが、感染再拡大の恐れもあり先行きには不安も残る。

 阪急阪神ホールディングス(HD)の運輸事業の営業損益は56億円で黒字転換した。不動産事業もマンションの分譲戸数や商業施設での家賃収入が増加。娯楽事業は感染防止のため減った阪神タイガースの主催試合や宝塚歌劇の公演回数が増えて黒字化するなどいずれも好調だった。大塚順一執行役員は13日の会見で「いい形で黒字化でき、よく頑張った1年だった」と話した。

 京阪HDの運輸事業も1億円の黒字に回復。運行本数を減らし、有料特急の座席数を増やしたことが黒字につながった。不動産事業の利益も業績を下支えした。

 一方、近鉄グループHDの運…

この記事は有料会員記事です。残り608文字有料会員になると続きをお読みいただけます。