統計不正、20年度以前は年5.8兆円過大か まだ見えぬ影響の全容

有料会員記事

[PR]

 国の基幹統計「建設工事受注動態統計」の不正をめぐり、国土交通省が設置した有識者の検討会議が13日、2020年度の統計が約3・6兆円(実績全体の約5%)過大になっていたなどとする報告書をまとめた。

 「公的統計の信頼を取り戻すべく、組織風土改革と公的信頼の向上に向けて努力をしていく」。13日午後、統計不正の影響を調査していた有識者らによる検討会議の報告書を受け取った斉藤鉄夫国土交通相は、こう述べた。

 今回の不正は、建設業者が受注実績を記して国に提出する「調査票」をめぐり起きた。具体的に行われていたのは、業者が毎月の提出期限に間に合わず数カ月分をまとめて提出した場合、この数カ月分全てを、最新1カ月の受注実績のように合算して書き換える行為だ。その結果、2013年度以降、受注実績の二重計上が生じて統計が過大になっていた。

 この不正が朝日新聞の報道で…

この記事は有料会員記事です。残り677文字有料会員になると続きをお読みいただけます。