高校野球春季県大会 組み合わせ決定 20日開幕、決勝は29日

奈良美里
[PR]

 第69回春季東北地区高校野球岩手県大会(県高野連など主催、朝日新聞盛岡総局など後援)の抽選会が13日、盛岡市であり、地区予選を勝ち抜いた28校の組み合わせが決まった。この大会でベスト8に進出したチームは、夏の岩手大会でシード権を得られる。

 20日開幕で、開会式は実施せず、28日に準決勝、29日に決勝と3位決定戦を行う予定。会場は、野田村のライジング・サン・スタジアム、二戸市の大平球場、八幡平市総合運動公園野球場の3カ所。

 試合は観客を入れて行い、学校の応援団のほか、家族など一般の観客も入場できる。ブラスバンドは、各校が演奏を録音した音源を流すことを認める。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1球場2千人を目安にする。

 上位3校は6月8日から福島県で行われる東北大会に出場する。(奈良美里)