NPT再検討会議、広島市長が渡米断念 8月6日の平和式典と重なる

有料会員記事

福冨旅史
[PR]

 国際NGO・平和首長会議会長の松井一実広島市長が、8月に米ニューヨークで開かれる核不拡散条約(NPT)再検討会議に合わせた渡米を断念したことがわかった。8月6日の広島原爆の日の平和記念式典と日程が重なるためという。

 国連の発表資料によると、松井市長が演説する可能性があったNGOセッションは現地時間の5日午後(日本時間6日)で、市は渡米は困難と判断した。松井市長は4月の会見で「8月6日の式典は欠かせないので、国内にいなければいけない」と語っていた。広島市は代わりに、小泉崇・広島平和文化センター理事長を代表として派遣する。

 核軍縮や核不拡散の現状を点…

この記事は有料会員記事です。残り131文字有料会員になると続きをお読みいただけます。