弱い大関に、覚悟がみえない 千秋楽の結びに、番付の危機がみえる

有料会員記事

鈴木健輔
[PR]

 番付の権威を揺るがす異変が最近、続いている。象徴的なのが、興行のクライマックスを飾る「千秋楽の結び」。今場所も、繰り返される気配が漂う。

 この夏場所で、大関の1番手になったのが御嶽海だ。

 先場所の11勝は大関陣で最多。序ノ口から638人いる力士のピラミッドで、横綱照ノ富士に次ぐナンバー2に初めて座った。

 順当なら、千秋楽の結びの一番で照ノ富士と対戦する地位だ。

 それなのに、場所前の御嶽海はどこかひとごとのようだった。

 「(横綱と)取るんですかね…

この記事は有料会員記事です。残り838文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら