固有種アマミナツトウダイ咲く 奄美 道路沿いでひっそりと

奄美通信員・神田和明
[PR]

 鹿児島県奄美大島の海岸近くの林縁で、島固有種絶滅危惧種のアマミナツトウダイが咲いている。黄色の不思議な形の花が、丸みを帯びた三角形の葉の上で咲く、独特の姿を見せている。

 開花期は4~5月で、比較的日当たりのいい道路沿いに自生する。自生地はごく限られている。島内5市町村は希少野生動植物の保護条例で採取を禁止している。環境省のレッドリストでは絶滅の危険が極めて高い絶滅危惧ⅠA類に分類されている。(奄美通信員・神田和明)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント