計算ミス放置した? 統計不正で国交省に質問、報告書とは異なる説明

有料会員記事国交省の統計書き換え問題

東郷隆、小寺陽一郎、柴田秀並
[PR]

 基幹統計のデータが不正に書き換えられていた問題の発覚から5カ月。影響が兆円単位に及んでいたことが確認されたが、全容はまだ見通せていない。新たに計算ミスが放置されていたことが発覚するなど、統計軽視の実態が次々明らかになっている。(東郷隆、小寺陽一郎、柴田秀並)

 二重計上をめぐっては、国交省が隠蔽(いんぺい)工作を繰り返していたことが判明している。今回、別の計算ミスの発覚も免れようとしていたことが明らかになった。

 同省がこの日、新たに示した特別監察の報告書によると、ミスをしていたのは調査対象となる約1万2千の建設業者が、毎月受注実績を記入して提出する調査票の回収率の計算だ。

 19年4月に担当部署に着任…

この記事は有料会員記事です。残り945文字有料会員になると続きをお読みいただけます。