看護師をやめて猟師に 「撃っていいのか」迷いあっても続けた理由

有料会員記事

太田原奈都乃
[PR]

 看護師の仕事をやめ、猟師として生きると決めた。下関市菊川町の木原由紀恵さん(43)。初めて引き金を引くとき「撃っていいのか」と迷いがあったという。それでも猟を続けてきた理由がある。

 そこにいるのか、いないのか。獲物と人は探り合う。「おかしい」と立ち止まるシカ。息を潜める人。

 落ち葉を踏む音、つばをのみ込む音に、シカは人の気配を感じとる。風が吹くときがチャンスだ。葉が音を立てて揺れるから。銃をそっと構え、急所を狙う。

 介護士や看護師として各地の病院で働いた。農業を営む両親を支えようと、40歳になる頃、地元に戻った。

 里山の風景は変わっていなか…

この記事は有料会員記事です。残り933文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら