米サキ報道官、最後の会見 記者に「意見対立も民主主義の実践」

有料会員記事

ワシントン=合田禄
[PR]

 米大統領報道官を退任するジェン・サキ氏は13日、ホワイトハウスで最後の記者会見をした。記者たちに「みなさんは私に挑み、議論もしたし、意見が対立することもあった。これこそ民主主義の実践だ」と述べ、報道官としての約16カ月を締めくくった。

 サキ氏は、バイデン大統領の当選が決まった2020年11月に夫妻と話した思い出を語った。この時の会話の多くは「ホワイトハウスに誠実さ、尊敬、礼節を取り戻すことの重要性だった」とし、「彼らが私たちに示してくれた誠実さと気品の模範に、私も従うことができていればと思う」と振り返った。

 後任にはカリーン・ジャンピエール副報道官が就くことが決まっている。黒人女性の大統領報道官就任は初めてで、性的少数者を公言している人としても初となる。

 サキ氏は、同席したジャンピ…

この記事は有料会員記事です。残り165文字有料会員になると続きをお読みいただけます。