小池知事の中東出張、延期に UAE大統領死去を受け、現地が服喪

笠原真
[PR]

 東京都は14日、小池百合子知事の中東出張が延期になったと発表した。訪問予定だったアラブ首長国連邦(UAE)のハリファ・ビン・ザイド・ナハヤン大統領が13日に死去し、現地が服喪期間に入るため。

 小池知事は14~18日の日程でクウェートとUAEの2カ国を訪れ、都が進める新型コロナワクチンの開発や、都立高校との国際交流の実現に向け、関係機関と意見交換を行う予定だった。都によると、クウェートは3日間、UAEは40日間喪に服すという。(笠原真)