米国とASEAN、「包括的戦略パートナーシップ」に関係を格上げへ

有料会員記事

ワシントン=園田耕司
[PR]

 米首都ワシントンで初めて開催された米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別首脳会議は13日、2日間の日程を終え、閉幕した。バイデン米大統領は同日の会合で「米ASEAN関係は新しい時代が始まる」と宣言。会議後の共同声明では、11月に予定される首脳会議で米ASEAN関係を「包括的戦略パートナーシップ」に格上げし、強化する方針を明らかにした。

 バイデン氏は演説で、「AS…

この記事は有料会員記事です。残り587文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    佐橋亮
    (東京大学東洋文化研究所准教授)
    2022年5月14日17時25分 投稿

    【視点】1年前、せめて半年前に、この米ASEAN特別首脳会議は行われるべきでした。遅きに失した感があります。昨年に東南アジアを歴訪した、ハリス副大統領やオースティン国防長官も目立った成果は上げず、そもそも立ち寄る場所も偏っていました。 そして