第1回沖縄の見たいところだけ見てきたのかも 復帰に顔ゆがめた先生の言葉

有料会員記事沖縄・本土復帰50年

福井万穂 編集委員・谷津憲郎、木村司
[PR]

 柔らかな日差しが朝の教室に差し込んでいた。

 1972年5月15日、静岡市。小学2年の田中千香子さん(58)は教室で、先生が来るのを待っていた。二重まぶたが印象的な、20代後半くらいの女性。やさしくて、みんなから慕われていた。ただ、この日、教卓の前に立つと、表情はゆがんでいた。

 「私の生まれた沖縄というところは、みんなの住む日本に帰ってきます」

 「でも、私は少しもうれしくありません」

 静岡駅前や、東京・銀座のデパートでは「復帰セール」や記念メダルの即売会、沖縄の物産展などが催され、新聞には「日本でいちばん『太陽に近い場所』」とうたった航空会社の広告が並んでいた。

 先生もきっと喜んでいるはずと思っていた。予想もしていなかった言葉に、なんで?とは聞けなかった。

 土砂降りの雨だった…

この記事は有料会員記事です。残り4168文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら