ロシア、フィンランドへの電力輸出を停止 「支払い滞っている」

有料会員記事ウクライナ情勢

ヘルシンキ=疋田多揚、ワシントン=高野遼
[PR]

 ロシアの電力会社「RAOノルディック」は13日、フィンランドからの支払いが滞っていることを理由に、同国での電力供給を14日から停止すると明らかにした。同社はフィンランドの首都ヘルシンキを拠点に、ロシアから輸入された電力をフィンランドで供給している。

 フィンランドの政府系送電会社は13日、同国での電力供給が脅かされることはない、とする声明を出した。同国の消費電力量のうち、ロシアからの輸入分は約1割。自国の発電量を増やし、隣国スウェーデンからの輸入も増やすことで影響を回避できるという。

 フィンランドは12日、隣国のロシアがウクライナ侵攻に踏み切ったことを背景に、北大西洋条約機構(NATO)に加盟申請する方針を発表。ロシアは、加盟が実現すれば「我が軍は必要不可欠な手段すべてを検討する」と警告していた。

 バイデン米大統領は13日…

この記事は有料会員記事です。残り597文字有料会員になると続きをお読みいただけます。