中学校の天井から鉄製の部材落下 生徒が首に切り傷 堺

堀之内健史
[PR]

 堺市教育委員会は14日、市立陵南中学校(同市北区)の通路の天井から鉄製の部材が落下し、生徒1人が首に切り傷を負ったと発表した。堺市教委は週明けの16日以降、市内の小中高校、幼稚園において同様の箇所を調査・確認し、必要に応じて修繕するという。

 堺市教委によると13日午後0時45分ごろ、校舎2階と渡り廊下の継ぎ目部分から、棒状の鉄製部材(縦横16ミリ、長さ約45センチ、重さ約300グラム)が約3メートル下の1階床に落下し、通りかかった1年の男子生徒の首の右側に当たった。当時は昼休み中で、生徒は1・5センチの切り傷を負った。調べたところ、雨水による腐食が確認されたという。(堀之内健史)