米国とASEAN、中国を名指しで批判せず 対ロシアでも立場に違い

有料会員記事

ワシントン=園田耕司、シンガポール=西村宏治
[PR]

 米首都ワシントンで初めて開催された米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別首脳会議は13日、2日間の日程を終え、閉幕した。バイデン米大統領は同日の会合で「米ASEAN関係は新しい時代が始まる」と宣言。会議後の共同声明には、11月に予定される首脳会議で米ASEAN関係を「包括的戦略パートナーシップ」に格上げする方針が盛り込まれた。

 バイデン氏は演説で「ASEANを中心に据えることは、私の政権の戦略の心臓部にあたる」と強調。「インド太平洋地域の成長と繁栄、安定を可能にしたルールと規範が支持・強化される未来に関与する」と述べ、東シナ海南シナ海で現状変更を試みる中国を牽制(けんせい)した。ただし中国との関係も維持したいASEAN側に配慮し、名指しでの中国批判は避けた。

 共同声明は、米ASEAN間の経済や海洋安全保障分野での協力を明記。軍がクーデターで実権を握ったミャンマーについては「深い懸念」を表明した。

 ウクライナをめぐっては「主…

この記事は有料会員記事です。残り850文字有料会員になると続きをお読みいただけます。