帰ってきたエース、あふれ出る自信 オリ山本由伸が貫くポリシー

[PR]

 (14日、オリックス・バファローズ1―0千葉ロッテマリーンズ)

 最大のピンチを前にして、オリックス山本由伸は状況がしっかりと見えていた。

 「とにかく冷静に」

 1点リードの八回。一、三塁のピンチを背負った。打席にはロッテの3番・佐藤都志也を迎えた。

 ここで山本が投じたのは、この日“最遅”となった時速120キロのカーブ。「低めに狙えば良い結果になる」。打ち気にはやる24歳をひっかけさせ、二ゴロ併殺プレーに仕留めた。

 「自信を持って投げられた」。試合後にそう語った山本だが、確固たるポリシーを持っている。

 「僕は試合の勝ち負けで練習…

この記事は有料会員記事です。残り844文字有料会員になると続きをお読みいただけます。