首里城正殿、11月から復元工事 首相「責任をもって取り組む」

有料会員記事沖縄はいま岸田政権

高橋杏璃
[PR]

 沖縄県を訪れている岸田文雄首相は14日、再建工事が進む那覇市首里城について、11月に正殿の本体工事に着手することを明らかにした。首里城公園で工事の状況を視察後、記者団の取材に応じ「復元に向けて責任をもって取り組んでいきたい」と述べた。

 首里城正殿は1945年、太平洋戦争沖縄戦で破壊され、92年に復元されたが、2019年に火災で再び失われた。首相は、「首里城は県民の誇りであり、国民的な歴史文化資産でもある。県とも調整し、起工式を前の復元時と同じ11月3日に挙行する」と発表した。正殿は26年の完成を予定している。

 また首相は、自らも出席する…

この記事は有料会員記事です。残り212文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
沖縄はいま

沖縄はいま

続く本土との溝、揺れる米軍基地問題。沖縄でいま、何が起きているのか。[記事一覧へ]