「空を見たい」と泣いたウクライナの少女、77年前と重ねた被爆者

[PR]

 広島市安佐南区の津島休映(よしえ)さん(91)は、ここ2カ月間、テレビをつけるのをためらう日々が続いている。映し出される光景が、忘れたくても忘れられない77年前の記憶と似ているからだ。「ウクライナの人はどんなに怖くて、不安で、悲しいでしょう」

 テレビでは、薄暗い地下室に避難しているウクライナの少女が「もう長い間、外に出られていない。空を見たい。太陽を見たい」と泣いていた。1945年、B29爆撃機空襲を避けるため、防空壕(ごう)に駆け込んだ14歳の自分と重なった。

 「私の夫はどこにいるの」と叫びながら、がれきの中を捜し歩くウクライナの若い女性もいた。77年前の夏、となりで被爆し、行方不明になった仲良しの上級生を捜す自分と一緒だった。

 1945年8月6日。爆心地から約2キロの広島市尾長町(現・広島市東区)にある自宅から、市立第二高等女学校に歩いて向かっていた。

 午前8時15分。猛烈な熱風…

この記事は有料会員記事です。残り749文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]