ロシア企業、フィンランドで電力供給停止 NATO加盟意向表明直後

[PR]

 ロシアからフィンランドへの電力供給が停止したと、AFP通信が14日伝えた。ロシアの電力会社「RAOノルディック」が13日、フィンランドからの支払いが滞っているとして、同国での電力供給を停止すると発表していた。フィンランド側は、国内の電力供給に影響はないとしている。

 AFP通信によると、フィンランドの送電会社「フィングリッド」の幹部が「(ロシアからの電力供給は)ゼロになった」と話した。ロシアは12日、フィンランドが北大西洋条約機構(NATO)に加盟申請する意向を表明したことに強く反発していた。

 RAOノルディックはフィンランドの首都ヘルシンキを拠点に、ロシアから輸入された電力をフィンランドで供給している。13日付の声明で、電力取引市場で販売した電力料金が支払われていないと主張。「今の状況ではロシアからの電力輸入に対する支払いができない。状況が早期に改善されることを望む」とした。

■フィンランド側「国内供給脅…

この記事は有料会員記事です。残り300文字有料会員になると続きをお読みいただけます。