大和高田・天神社、造営800年記念事業奉告祭を営む

米田千佐子
[PR]

 【奈良】大和高田市の天神社で14日、造営800年記念事業の奉告祭が営まれた。堀内大造・大和高田市長や地域住民ら約50人が集まり、地域の氏神として親しまれる神社の節目を祝った。

 天神社は古来、天神宮と呼ばれた。崇神天皇の時代の創建と伝わり、本殿最古の棟札に残る銘文から、鎌倉時代の1222(貞応元)年に建立されたとされる。

 2022年の造営800年を記念し、2年前から本殿改修や覆殿、拝殿などの屋根のふき替えといった境内整備を進めてきた。5月中に完了する予定だ。

 藤井宏典宮司(66)は若い頃から造営800年を意識してきたという。「神社で遊んだり、祭りに来たりというように親しんでもらい、心のよりどころとして地域の守り神をつないでいきたい」と語った。(米田千佐子)