大量の血を洗い流したか、現場近くの路上に形跡 愛知の殺人事件

有料記事

良永うめか、東谷晃平、高橋俊成
[PR]

 愛知県知立市の道路脇の側溝から男性の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、現場近くの路上に血が洗い流された形跡があったことが県警の調べでわかった。県警は犯人が遺体の発見を遅らせるために洗い流したとみて調べている。

 捜査本部によると、男性は同県岡崎市の無職三浦正裕さん(29)。三浦さんの遺体は11日朝、前輪が脱輪した状態で止まっていた車の下で見つかった。顔など上半身を中心に十数カ所の刺し傷があり、死因は失血死だった。

 捜査関係者によると、車は三浦さんのもので、車内には血痕があった。車近くの路上にも大量の血が残っていた形跡があったが、洗い流されたとみられる。近くの用水路や鑑賞池から調達した水を使った可能性もあるという。いずれも三浦さんの血とみられ、捜査本部は三浦さんが車内で襲われた可能性もあるとみて殺害場所の特定を進めている。

 これまでの調べで、遺体は毛布でくるまれ、遺体の上には金属製の側溝のふたのほか、土や草花が置かれていたことがわかっている。捜査本部は犯人が遺体の発見を遅らせるために重ねた工作だとみている。

 なぜこんな目に――。殺害された三浦正裕さんを知る地元の友人たちは、突然の訃報(ふほう)に言葉を継げなかった。

 13日昼、愛知県知立市の遺…

この記事は有料記事です。残り839文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!