山梨県警、当時の捜索「問題なかった」 女児の骨発見まで2年半以上

有料会員記事

池田拓哉、米沢信義
[PR]

 小学1年生だった小倉美咲さん(不明当時7)が行方不明になったのは2019年9月のこと。DNA型が一致した肩甲骨が発見されたのは、それから2年半以上が過ぎた今月4日だった。

 美咲さんは19年9月、家族や友人の家族らと2泊3日で訪れていた山梨県道志村の「椿荘(つばきそう)オートキャンプ場」で、沢沿いの遊び場に向かったほかの子どもたちを追いかけて広場から離れた後、目撃情報が途絶えた。

 警察、消防、自衛隊などが約2週間にわたり総勢約1700人で周辺の山中や沢、ダムなどを捜索したが見つからなかった。ボランティアも捜索していた。

 母親ら家族も美咲さんの写真…

この記事は有料会員記事です。残り400文字有料会員になると続きをお読みいただけます。