第72回「ロシアは市民を見境なく殺す」体に5発の銃弾、それでも逃げ続けた

有料会員記事ウクライナ情勢

リビウ=坂本進
[PR]

 ウクライナに侵攻したロシア軍は民間人への無差別攻撃を続け、戦地から避難する人たちすら標的にされている。避難民を車で送っている最中に銃撃され、大けがを負った男性が、朝日新聞の取材にその実態を証言した。

 はじめは、車の上に何かが落ちてきたのかと思った。しかし、すぐにそれがロシア軍の銃撃だと気づいた。ハンドルを握る手に力がこもった。後方からの銃撃はやむどころか、激しくなっていく。

 銃弾が両足に、脇腹に、そして、左手にも当たった。

 左手の指がだらんと垂れ下がった。車内の同乗者たちは騒然としていた。激しい眠気のような感覚におそわれ、意識が遠のいていった。

 ウクライナ北東部ハルキウで、避難を求める住民を乗せていたボランティアのセルゲイ・イバンチュクさん(29)は3月10日、ロシア軍に銃撃された。

 「あのときは、もう死んだと…

この記事は有料会員記事です。残り1607文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載ウクライナ危機 市民は今(全120回)

この連載の一覧を見る