「老衰」する日本の資本主義 経済学者・諸富徹さんの処方箋は

有料会員記事

聞き手・江渕崇
[PR]

 日本は主要国で真っ先に経済成長が滞っただけでなく、脱炭素など環境対策でも出遅れが目立つようになった。環境と経済の関わりについて研究を重ねてきた経済学者の諸富徹さんは、そこに日本の資本主義の「老衰」をみる。産業の新陳代謝を促し、経済を持続可能にする道を、どう見いだせばいいのか。

根強いものづくり信仰 デジタル化も脱炭素も後手に

 ――日本は「資本主義の転換」に取り残されつつある、と指摘しています。

 「世界の産業は、デジタル化やサービス化、グリーン化が進んでいます。経済の価値の中心は、モノから情報・サービスへと大きくシフトし、資本主義は『非物質化』という進化を遂げているのです。それなのに、日本はいまだにものづくり信仰が根強く、産業構造の根本的な転換ができていません」

 「二酸化炭素(CO2)を1単位排出するごとに、経済成長の指標となる国内総生産(GDP)をどれだけ生み出したのかを示す『炭素生産性』をみると、日本は先進国で最低水準です。成長率が低いうえ、その割にCO2排出を減らせていないことを示しています。エネルギーを多く使いながら付加価値が低い、20世紀型の製造業に依存しているせいです」

 ――かつて日本は、環境技術を誇っていたのでは。

 「1970年代の石油危機を受けて省エネを推し進め、環境先進国と呼ばれた時代がありました。日本の資本主義に活力と若々しさが残っていたころです。過程で産業競争力もつき、90年代までは、その遺産でやっていけました」

 「しかし、2000年代に入っていくと様相が一変します。欧州は再生可能エネルギーに真剣になったのに、日本は不安定でコスト高だと軽視し続けました。いずれは新しい産業になり、コストも下がるとの主張にも、政財界の『真ん中』の人たちは聞く耳を持ちませんでした」

「資本主義の転換」に取り残されつつある日本。記事後半では、痛みを伴う決断を先送りし周回遅れになりつつある日本経済の問題点に迫ります。経済成長をあきらめる考え方にも支持が広がっていますが、解決策となるのでしょうか。

 ――なぜでしょうか。

 「いったん製造業で世界トッ…

この記事は有料会員記事です。残り3143文字有料会員になると続きをお読みいただけます。