「白人至上主義者のテロ」とNY知事が批判 米バファロー銃乱射事件

有料会員記事

ニューヨーク=中井大助
[PR]

 米ニューヨーク州バファローで14日、白人の男(18)がスーパーで銃を乱射し、10人を殺害し、3人をけがさせた疑いで拘束された。警察は人種差別に基づく憎悪犯罪ヘイトクライム)として捜査をしている。過去の類似事件と共通する要素もある。

 「白人至上主義者による、テロ行為だ」

 バファローに駆けつけたニューヨーク州のホークル知事は14日夜の会見でこう語った。現場は黒人が多く住む地域で、被害者のうち11人が黒人だという。

 警察は、ヘイトクライムだと…

この記事は有料会員記事です。残り533文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら