「はげ」呼ばわりはセクハラ? 男性の薄毛侮辱めぐり英裁判所が判決

有料会員記事

佐藤達弥
[PR]

 男性の薄毛を侮辱するのは、性別に関連するハラスメントにあたると認めた英国雇用審判所の判断が英メディアで「『はげ』呼ばわりはセクハラ」と報じられ、話題になっている。薄毛を侮辱されたとして、男性が元勤務先と同僚を提訴。審判所は、薄毛が男性に多く見られることから、性別に関連する身体的特徴をめぐって原告の尊厳を傷つけた発言だったと認定した。

 雇用審判所は労働分野の裁判を手がける。同審判所が今月出した判断によると、原告は西ヨークシャー州の会社に電気技師として24年間勤め、昨年5月に解雇された男性。男性は2019年7月、同僚の作業の手落ちを指摘したところ、この同僚から薄毛を侮辱する下品な言葉でののしられ、「殴るぞ」と脅された。男性は性別に関連するハラスメントで苦痛を受けたなどと訴え、損害賠償を求めていた。

 判決は、同僚の発言は原告の尊厳を傷つけ、敵対的な環境を作り出す目的でなされたと認定。そのうえで、発言が性別と関連性があるかどうかを検討した。

 引用したのが、女性従業員に…

この記事は有料会員記事です。残り317文字有料会員になると続きをお読みいただけます。