県民代表「私たちが望んだ沖縄県はまだ道半ば」 復帰50年式典

沖縄・本土復帰50年

小川詩織
[PR]

 沖縄の日本復帰50年を記念する式典が15日、沖縄と東京をオンラインでつないで開催された。県民代表として、沖縄戦体験者と若者代表が舞台に立ち、思いを述べた。

 県民代表は、「対馬丸記念会」代表理事の高良政勝さん(82)。太平洋戦争中の1944年8月、疎開児童らを乗せた対馬丸は米潜水艦に撃沈され、判明しているだけで児童784人を含む約1500人が亡くなった。高良さんは家族9人を亡くし、自身は2日間の漂流後に救助された。

 「報復の連鎖を断ち切る努力を一人一人がすること」。高良さんは、2004年に建てられた対馬丸記念館の理念を読み上げた。そして、「この瞬間にも世界では多くの子どもたちが命を失い、家族を失い、夢や希望を失っています。沖縄には『命(ぬち)どぅ宝』というすばらしい言葉があります。私たちが望んだ沖縄県はまだ道半ば。一日も早く沖縄が『世界平和の発信地』となることを願います」と訴えた。

 若者代表には、県青年団協議会会長の普天間真也さん(31)と、食料支援ボランティア団体の共同代表を務める大学生・平敷(へしき)雅(みやび)さん(20)の2人が選ばれた。

 並んで立った2人は、「戦後も、米軍統治下で自治権が制限される中、先輩方が中心となり、沖縄の平和と権利を取り戻す活動をしてくれたおかげで、現在の沖縄があります」と述べ、「沖縄の若者が一致団結し、先輩たちがこれまで築いたものを守り、新たに築き上げ、よりよい沖縄を未来へつないでいきます」と締めくくった。小川詩織