「日本で教育受けさせたい」 ウクライナ人母子ら14人が大阪へ避難

有料会員記事ウクライナ情勢

茶井祐輝
[PR]

 ウクライナの2~52歳の男女14人が来日し、14日、避難先の大阪市に到着した。ロシアの軍事侵攻に伴い、国に動員された夫がいる妻と子どもらの5家族で、「ウクライナ避難民を日本に迎える会」(大阪市)が渡航費用を支援した。当面、大阪市内のホテルに滞在する。

 「迎える会」は大阪市中央区の建設会社で代表取締役を務める砂田直成さん(62)らが3月に発足させた。これまでに、ウクライナ南部オデーサに住んでいた1家族3人を日本で受け入れている。

 会がウェブサイトをつくって日本への避難希望者を募ったところ、数百人の応募があったという。その中から、夫が動員され、子どもと現地に残っている家族を支援することにした。

 避難してきた人たちは、日本…

この記事は有料会員記事です。残り302文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら