エマニュエル米駐日大使「地域の防衛確実なものに」 ロシア侵攻言及

沖縄・本土復帰50年

河崎優子
[PR]

 沖縄の本土復帰50年の節目を迎えた15日、バイデン米大統領は、沖縄県民あてのメッセージを発表し、「民主主義、自由、法の支配への日本の支援と、このような理念の前進に向けた沖縄の貢献に深く感謝する」とした。

 バイデン氏は、沖縄戦について「第2次世界大戦のなかで最も凄惨(せいさん)な戦いの一つ」とした上で、「日米関係は戦場での敵同士から共通の目的で結ばれた同盟国へと変貌(へんぼう)を遂げ、今では最も緊密な同盟国となった」と評価。「現在、日米同盟は、共通の価値観と自由で開かれたインド太平洋という共通のビジョンに基づき、かつてないほど強固になっている」と述べた。

 また、都内の記念式典に出席したエマニュエル米駐日大使は、あいさつでロシアのウクライナ侵攻に触れ、「世界は再び、抑圧と露骨な力を行使して覇権を手に入れようとする国家の脅威に直面している。我々は警戒を怠らず、一番大切なものを守らなければならない」と訴えた。

 エマニュエル氏は、「沖縄県民は、日本で最も声高にウクライナの人々のために立ち上がり、ロシアの戦争を非難している」と強調。「日米両国は、侵略を阻止し、平和、安定、法を促進することで、両国民とインド太平洋地域の防衛を確実なものにしている」と評した。(河崎優子)