推しメンは宮城大弥 熱烈ツイッター「中の人」がつなぐ母校との絆

[PR]

 プロ野球オリックスのファンから注目を集めているツイッターのアカウントがある。

 「興南学園広報室」

 名前の後ろに「【公式】」と付け加えているが、昨季の新人王・宮城大弥(ひろや)投手(20)が登板するたびに、くだけた表現で熱烈に応援している。

 どういった思いで、誰が運用しているのか聞いてみた。

 「今日も愛のある厳しさを出して行きます」

 宮城が好投してヒーローインタビューに呼ばれると、ツイッターの投稿が勢いよく増えていく。

 「最初の質問に答えていない」

 「真面目すぎ」

 「最後、アナウンサーと言葉が被る」

 投稿は、20歳の左腕の発言を「添削」していくかのようだ。

 このアカウントを運用しているのは宮城の出身校、興南高校(沖縄)の入試広報室。数人が投稿しているが、宮城に関しては大半が同室主任の宇栄原健夫教諭(35)が行っているという。

 社会科が担当で、教室で宮城を教えたことはない。だが、2人の不思議なつながりは5年前に始まった。

 宮城が甲子園に出場した1年…

この記事は有料会員記事です。残り1148文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら