「復帰」授業をした元小学校教師 「変わらぬ現状ショック」

有料会員記事沖縄・本土復帰50年

吉田耕一郎
[PR]

 那覇市の元教師、上里愛さん(83)は50年前のこの日、当時、勤務していた沖縄県豊見城(とみぐすく)村(現・豊見城市)の上田小学校の5年生たちにむけ、復帰について子どもたちが自由に議論する授業をした。

 朝日新聞出版局の写真部記者だった報道写真家の石川文洋さん(84)が授業を撮影した。写真に収められた黒板には、子どもたちが復帰後について書いた「ふっきしても」「アメリカ軍は出ていかない」「きちはそのまま残る」などの言葉が並ぶ。

 石川さんは取材後も上里さん…

この記事は有料会員記事です。残り125文字有料会員になると続きをお読みいただけます。