近づく銃声、白い煙…「客の9割黒人」のスーパーで何が 米乱射事件

有料会員記事

バファロー=藤原学思
[PR]

 地域の買い物の場が、憎悪に満ちあふれた事件現場へと変わった。米ニューヨーク州西部バファローのスーパーマーケットで、10人が殺害された銃の乱射事件。一夜明けた15日、目撃者や従業員が、当日の様子を取材に証言した。

 「パンパンパン」

 14日午後2時半ごろ、店の向かいのバス停にいたグレイディー・ルイスさん(50)は、ジュースの缶を開けようとした際に銃声を聞いた。顔を上げると、店の駐車場から白い煙が立ちこめている。男は発砲を続け、店に入っていった。

 「映画の撮影か」。最初に浮かんだ考えは、20~30発ほど聞こえた銃声でかき消された。「現実だ」

 数分後に店から出てきた男は、自分のあごの下に銃を突きつけていたという。だが、最終的に銃を手放し、警察官に身柄を確保された。

 男が入った後、店では何が起きていたのか。

会議室にバリケード

 価格管理担当マネジャーのジ…

この記事は有料会員記事です。残り1399文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら