沖縄県の「普天間県外移設」提言→官房長官「辺野古が唯一変わらず」

有料会員記事岸田政権沖縄・本土復帰50年

西村圭史
[PR]

 沖縄県が15日に決めた第6次沖縄振興計画に、米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の「県外・国外移設の追求」を盛り込んだことに対し、松野博一官房長官は16日午前の記者会見で、「日米同盟の抑止力の維持と普天間飛行場の危険性の除去を考え合わせた時、(日米合意である同県名護市辺野古移設が唯一の解決策との方針に変わりはない」と改めて否定した。

 松野氏は沖縄基地負担軽減担…

この記事は有料会員記事です。残り213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。