クレーン付きのトラックが17メートル下に転落 作業員2人死亡

黒田陸離
[PR]

 16日午前10時半ごろ、広島市西区己斐上1丁目の道路で、クレーン付きのトラックが約17メートル下の放水路に転落した。クレーンを操作していた50代の男性作業員と、近くにいた30代の男性作業員の死亡が確認された。

 広島西署によると、トラックがクレーンを使い、作業用の車両を下ろしていたところ、バランスを崩し、フェンスをなぎ倒して転落したとみられる。トラックが転落した放水路は広島県が管理し、外部業者に委託して定期点検の準備をしていたという。(黒田陸離)