「呪術廻戦」の偽グッズ販売容疑 送検の男「家計の足しに」

比嘉展玖
[PR]

 人気アニメ「呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)」の偽物の関連グッズを販売したなどとして、警視庁は16日、静岡県富士宮市の会社員の男(40)を商標法違反容疑で東京地検立川支部に書類送検し、発表した。男は容疑を認め、「家計の足しになると思った」と話しているという。

 多摩中央署によると、男は2021年2~3月、「呪術廻戦」のキャラクターなどが違法に印刷されたTシャツとパーカの計4着をオークションサイトで計9675円で販売した疑いがある。同7月には「鬼滅の刃」の偽のTシャツ3着と「遊戯王」のトレーディングカードの複製品7枚を販売目的で所持していた疑いもある。

 男は20年6月以降の約1年間に1千点以上の偽の関連グッズや複製品を中国のショッピングサイトから輸入していた。これらを転売することで利益を得ていたといい、「計約230万円を売り上げた」と話しているという。

 署がサイバーパトロールで違法な販売を見つけ、昨年7月に男の自宅を家宅捜索していた。(比嘉展玖)