昆虫ゲノム編集に新手法 研究チーム京大教授「簡単過ぎて問題かも」

有料会員記事

鈴木智之
[PR]

 多くの昆虫に使える簡単なゲノム編集の手法を京都大学などの研究チームが開発した。これまで難しかったゴキブリでもうまくいくことを確認した。昆虫食などへの技術の応用が期待できる一方、手軽さゆえに悪用の恐れも懸念される。論文は米科学誌に17日、オンライン掲載される。

 ゲノム編集は狙った場所で遺伝子を壊したり、加えたりして改変する技術。ヒトに対する遺伝子治療の研究のほか、肉厚にしたマダイや栄養価を高めたトマトなど食品での利用も進む。

 昆虫の場合、従来はゲノム編集の道具にあたる、ガイド役のRNA分子と、はさみ役の酵素「Cas(キャス)9」からなる「CRISPR(クリスパー)/Cas9」などを、受精直後の卵に注射した。高価な装置や熟練した技術も必要で、さやに守られたゴキブリなどの卵には使えないという課題もあった。

 研究チームは、卵ではなく、成虫に注射し、ゲノム編集された子を産ませる方法を開発。産卵前のチャバネゴキブリのメスの卵巣近くに、目を白くするための編集ツールを注射したところ、生まれた子どもの約2割でゲノム編集に成功した。ツールが卵子の元となる細胞内に取り込まれ、編集が行われたとみられる。

 甲虫の一種、コクヌストモドキでは、編集効率が最大で50%を超えた。チームが「DIPA(ディーパ)―CRISPR(クリスパー)法」と名付けた新たな手法はほとんどの昆虫のほか、エビやカニなどの節足動物の仲間にも広く使える可能性があるという。

「難易度は中学校の生物部ぐらい」

 この手法は、すでに研究者ら…

この記事は有料会員記事です。残り481文字有料会員になると続きをお読みいただけます。