スズキ、インド北部に四輪車の新工場 1800億円投じ25年稼働

有料会員記事

大平要
[PR]

 スズキは16日、インド北部のハリヤナ州に四輪車と二輪車の新工場をつくると発表した。四輪車工場は子会社のマルチ・スズキが1100億ルピー(約1800億円)を投じ、2025年に年25万台を生産する計画だ。スズキのインドでの四輪の完成車工場は4カ所目。新工場の稼働で、インドでの生産能力を現在の225万台から約1割引き上げる。

 スズキは3月、インド西部のグジャラート州で25年から電気自動車(EV)を生産するための工場の拡張やEV用電池工場の新設に約1500億円を投じると発表するなど、インドでの投資を加速させている。

 スズキは自動車メーカーでイ…

この記事は有料会員記事です。残り126文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら