「命にかえても」 ひそかに撮った少女の亡きがらが問う、沖縄の現実

[PR]

 今年4月中旬、写真家の嬉野京子さん(81)は、沖縄本島北部の墓地を訪れた。ビーチとエメラルドグリーンの海を見下ろす高台。あるお墓に手を合わせた。

 「お久しぶりです」

 葬られているのは、当時6歳だった少女。半世紀以上前、偶然その死に立ち会ってしまった。

 この場所に立つと、いつも思う。生きていれば、彼女はどんな人生を送ったのだろう。

 彼女は私を許してくれるだろうか。

    ◇

 東京生まれ。学生時代は東京の専門学校でグラフィックデザインを学び、その後、フリーの報道写真家として活動していた。

 知り合った沖縄の人から「沖縄には基本的人権がない」と聞き、そんなことがあるのかと信じられず、自分の目で確かめたいと、1965年4月に初めて沖縄へ渡った。

 戦後、米軍統治下にあった沖縄では、日本への復帰運動が盛り上がっていた。運動に関わる団体や政党などが集まって行われた「祖国復帰行進」に同行した。

 沖縄本島最北端を目指す一団…

この記事は有料会員記事です。残り1233文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    北郷美由紀
    (朝日新聞編集委員=SDGs)
    2022年5月17日3時2分 投稿

    【解説】 「うしろめたさ」に向き合い続ける嬉野さんは、事故の写真の著作権を主張していません。「『沖縄でもうけた』とは絶対に言われたくなかった」。2015年10月1日に掲載したロングイタビューで彼女はそう教えてくれました。その取材で一緒に沖縄を尋ね、