霞が関ビル設計、ハウステンボス構想も 建築家・池田武邦さん死去

 日本初の超高層ビル・霞が関ビルの設計を手がけた建築家で、日本設計名誉会長の池田武邦(いけだ・たけくに)さんが15日、老衰で死去した。98歳だった。葬儀は家族で行う。後日、お別れの会を開く予定。

 67年、日本設計事務所(現日本設計)を創立し、社長、会長を歴任。68年に完成した日本初の超高層ビル・霞が関ビルや、京王プラザホテル、新宿三井ビルディング(いずれも東京)などを設計。ハウステンボス長崎県)の構想も手がけた。

 旧日本海軍の士官で、太平洋戦争末期に戦艦・大和とともに出撃し沈没した軽巡洋艦・矢矧(やはぎ)から生還した。自らの乗組員としての体験を語り続けた。