維新、経歴問題で岬議員を厳重注意「非常勤講師の定義あいまい」

有料会員記事維新

[PR]

 日本維新の会の岬麻紀衆院議員(比例東海)が過去の選挙公報に記載した経歴が事実と異なると指摘された問題で同党は16日、岬氏を厳重注意したと発表した。大学の「非常勤講師」の肩書が問題視されたが、藤田文武幹事長は記者会見で、講師だった証拠は出されたとして「非常勤の定義が固まっておらず、重い処分を科すのは少し違う」と説明した。

 問題視されたのは、岬氏が2…

この記事は有料会員記事です。残り515文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら